Crypt Currencyを何故に仮想通貨と呼ぶのかな…

最近の世界中の暗号通貨の盛り上がりようといったら凄まじいですね…
これまでは胡散臭い、詐欺だ、こんなのいつかなくなる、信用ができないという風潮だったのが…
大手メディアや有名雑誌に記事が乗ったり、これまで反対的意見だった有名人が出てきて今後の世界を変えていくだのと、おいおいお前さっきまで違う事言ってたやんけ…日本にいたっては未だに仮想通貨という表現をして、未だにあんなものやめておけだの何だの言ってる人たちがいますけど…

そもそも日本での根本的な失敗は、出だしを間違えてしまった事。Crypt Currencyを暗号通貨と呼ばずにVirtual Currency=仮想通貨と呼んでしまったことが悲劇のはじまりですね。

今あるビットコインやその技術がどういう風に出来上がったのか?その昔まだインターネット技術ができあがった頃くらいの時代にスパイが海外で活動するのに足跡が残らないように送金をするために考えられた方法が元になった。そこから暗号化させるという意味合いでCrypt Currencyという風になったわけですよね、何もインターネット上にあるお金だからVirtual Currencyという事ではないわけです。

今や世界中が大騒ぎ。この波に乗り遅れてはいけない、自分のお金も100円が200万になるから今のうちに乗っておけ、という感じで、お金をいかに増やすかという事にしか興味のない人たちが殺到していますけど、お金儲け以外にも、このCrypt Currencyやブロックチューンの持つ技術が世界のインフラをどのように変えていくかという事をもっと考えていくと自然と投資のリターンも増えていくのではないでしょうか。お金が増えるのは良いことで、そのために投資をするのは必要なことだと思いますが、たんに上がるとか下がるとかだけでは投機(ギャンブル)にしかすぎないですよね。投資とは将来の何かをよくすることや誰かのためになることにお金を使う投資という意味での投資が本質ではないかと思うんですけどね…

そして、上がるものはいつか下がる訳です。株価なども今は大きくあがっています。しかし、今後どこかで一度大きく下げる動きがくるでしょう。リーマンショックの時にもいましたね、「株は素人が手を出すものじゃない」等という事をこれから始めようとする人に説教する大人たちが…自分自身が分かってないから勉強しないから失敗した大人たちが…そういうようなダメな大人が今回の暗号通貨が暴落したときにも、仮想通貨はバブルで素人が手をだすと騙されるとかあんなのは投機だとか言い出さないよう、そんな大人が増えない事をただ祈るばかりです。

株価も暗号通貨の価格も、その基盤がしっかりしていれば、落ちても必ずあがります。
下げたときの適正価格で購入をし、上がっているときに利確をできること。
そして高い時に買ってしまった場合は、下がったときに早めの損きりができること。
ただそれにつきるのではないでしょうか。
そして他人任せにしないこと、噂話を鵜呑みにしないこと。
自分で情報の裏付けを取りに行く事。

基本的なことですけどね、この浮かれ具合がいつまで続くかは注意していきたいです。
2018年前半は前向きに、後半にはいったら少し慎重が良いのではないかと考えています。

さて、現在世界中で送金詰まりが起きていますね。
hitBTCなどはもう取引どころじゃないくらい、画面の動作も遅いですし、送金しても反映が一向にされないし、お金の引き出しさえもできない状態です。
binanceも新規顧客の口座開設を締め切りましたね。
bittrexも昨年から新規口座開設を締め切っています。
海外に口座を作りたいという方は今ならまだ間に合うのは香港の取引所のKucoinでしょうか。

Kucoinは香港の取引所で、基本メールアドレスがあればすぐに取引ができます。
メニューの日本語表記もありメニューや取引画面も直感的で見やすいです。
まぁ、ぶっちゃけそういう機能的な部分よりも大事なのは買いたいコインが売っているかですよね。

Kucoinで買えるお勧めコインとしてはこんな感じでしょうか。
DGB
XRB
POE
NEO
EOS
EVX
MTH
LA
他の取引所にはない銘柄もあるので中々面白いですよ。

Kucoin


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

Ethereum: 0xD0fE7E0b86f696902d5a11C3eA3760a8efea462B