E3 2014ですね〜 EA 編

マイクロソフトの発表に続いてはEAの発表。

冒頭から “Star Wars Battlefront”の映像。
バトルフィールドシリーズで定評あるDICEが渾身の魂をこめて取り組んでいる様子が伝わってきますね。バトルフィールドで乗り物で戦場を駆け巡りながら戦うのが楽しかった人は期待大ですね。脚本にはアンチャーテッドを手がけたAmy Hennigさんがチームに加わったという事でストーリーとしても大作感が出そうです。

そして “Battlefield Hardline” こちらもかなり期待できそう♪
ワイヤーのついたグラップリングフックをビルに打ち込んで、ジップラインでビルとビルの谷間を滑り落ちるのをやってみたいですね。

他にも色々と発表されてましたけど、個人的に興味があるのはこの2点。
FIFA15も興味あるけどゲームプレイ映像が来るまではあまり期待しないようにしてますw

E3 2014ですね〜 マイクロソフト編

最近めっきりゲームとは縁のない生活をしていますが
E3を久々にチェックしてます。

さて、最初はマイクロソフトの発表からはじまりましたね。

XB1(XBOX ONE)を発表するのにゲーム以外のことばっかり喋って最悪なスタートを迎えた去年とは打って変わって今年は最初から最後までゲームの話題とファンの声にいかに耳を傾けて一年を過ごしたかという言葉が随所に登場してましたけど、その通りが反映されたプレゼンになっていたと思います。

マイクロソフトのプレスコンファレンスで一番気になったタイトルは
こちら↓ Inside というタイトル。

前回の記事で紹介したSilent Ageっぽい感じの質感で気になってます。

次に気になったのはThe Witcher 3、安定して楽しめそうで
もしコンソールかったら確実にこのタイトルはおさえると思います。

あと、ライオットアクト。前作は失敗作でした。
ライオットアクト2といえないような
1作目から大きく進化できなかった前作と違い
今回は少しは進化してそうですね。

最後にトムクランシーシリーズ、The Divisionからのマルチプレイゲーム映像。
スピード感がゲームバランスをどう変えるのか気になりますが
これもコンソール買うとしたら手に入れるタイトルになりそうです。

The Silent Age シンプルだが味があっていい

ご無沙汰しています。
最近は家庭用ゲーム機から離れて移動の合間にスマホでゲームするカジュアルゲーマーですw

今日ご紹介するのもそんなスマホゲームです。80年代テイストなデザインに心をくすぐられました。ドネーション(寄付)ゲームなので、今回のエピソード1は無料でプレイできます。寄付は次回作のエピソード2の資金になるようですが、すでに寄付金も目標額を達成しているようです。

silent.age-2

さて、肝心のゲーム内容はというと謎ときアドベンチャーゲームです。時代は1972年、主人公のジョーの役割は大企業のオフィスフロアーに汚れがないようにお掃除すること。掃除の仕事を始めてからは2年経ちますが、それまでは次から次へと転々と仕事を変える状況でした。このゲームにおける「ジョー」という分身は、何の特徴もない目立たないどこにでもいそうな平均的な男として存在しています。そんな特徴のない男「ジョー」が、ゲーム開始後に人類の運命が彼に委ねられるという劇的な変化を体験する事になります。

Meeting the Boss

ある日、上司から呼び出されていくと昇進を告げられます。昇進したことで今まで行けなかった部屋に行くと、息も絶え絶えの老人から、タイムマシーンを受け取ります。半信半疑ながらもこのタイムマシーンがきっかけで様々な謎が謎をよび展開していきます。

Joe Talks to Secretary

操作方法は画面をタップして、得たアイテムを使いながら先に進むのですが、ゲームを面白くしている要素はタイムマシーンです。タイムマシーンは日の光でチャージされ使えるようになります。使用すると過去と未来を行き来します。同じ場所での時空の移動なので、過去では新品同様のものも未来にいくと古くなっていたりします。

Outside Apartments Future

英語のセリフやナレーションの表示が割とすぐに消えてしまうため、英語が苦手な人にはやや難しいかも知れませんが、それでも雰囲気や謎ときは頑張ればできると思います。無料で配布されていますので是非お試しください。

iPhone アプリ

Google Play

開発元のホームページ

トレーラー映像↓