The Silent Age シンプルだが味があっていい

ご無沙汰しています。
最近は家庭用ゲーム機から離れて移動の合間にスマホでゲームするカジュアルゲーマーですw

今日ご紹介するのもそんなスマホゲームです。80年代テイストなデザインに心をくすぐられました。ドネーション(寄付)ゲームなので、今回のエピソード1は無料でプレイできます。寄付は次回作のエピソード2の資金になるようですが、すでに寄付金も目標額を達成しているようです。

silent.age-2

さて、肝心のゲーム内容はというと謎ときアドベンチャーゲームです。時代は1972年、主人公のジョーの役割は大企業のオフィスフロアーに汚れがないようにお掃除すること。掃除の仕事を始めてからは2年経ちますが、それまでは次から次へと転々と仕事を変える状況でした。このゲームにおける「ジョー」という分身は、何の特徴もない目立たないどこにでもいそうな平均的な男として存在しています。そんな特徴のない男「ジョー」が、ゲーム開始後に人類の運命が彼に委ねられるという劇的な変化を体験する事になります。

Meeting the Boss

ある日、上司から呼び出されていくと昇進を告げられます。昇進したことで今まで行けなかった部屋に行くと、息も絶え絶えの老人から、タイムマシーンを受け取ります。半信半疑ながらもこのタイムマシーンがきっかけで様々な謎が謎をよび展開していきます。

Joe Talks to Secretary

操作方法は画面をタップして、得たアイテムを使いながら先に進むのですが、ゲームを面白くしている要素はタイムマシーンです。タイムマシーンは日の光でチャージされ使えるようになります。使用すると過去と未来を行き来します。同じ場所での時空の移動なので、過去では新品同様のものも未来にいくと古くなっていたりします。

Outside Apartments Future

英語のセリフやナレーションの表示が割とすぐに消えてしまうため、英語が苦手な人にはやや難しいかも知れませんが、それでも雰囲気や謎ときは頑張ればできると思います。無料で配布されていますので是非お試しください。

iPhone アプリ

Google Play

開発元のホームページ

トレーラー映像↓

AFI – 功労者とそれを讃える著名人達のスピーチが凄い!

「映画という芸術の歴史を保護し、その功労者たるアーティスト達とその作品を敬意し、同時に次の世代の語り部たちの教育」を目的とする機関として発足されたアメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)YouTubeチャンネルは僕のお気に入りの一つです。

功労賞として誰かが受賞すると、受賞者に関わりのある著名人がおめでとうのスピーチをします。どのスピーチも各自全く違う感じの切り口なのですが、見事なものばかりで毎回関心させられます。受賞者と著名人達の関わりなども垣間見えて面白いです。

色々とお気に入りがあるのですが、一番上の動画はロバート・デニーロが受賞した際のジュリエット・ルイスによるスピーチ。デニーロの演技の凄さとかを褒めるものではなく、彼の人となりがいかに素晴らしいかが伝わる、とても心のこもったスピーチです。

簡単な内容を説明すると、ジュリエットがまだ若いときに高慢な態度で脚本家や監督を馬鹿にした態度をデニーロの前でとったら、そういう姿勢は良くないよとデニーロにたしなめられた事があり、それから数年後の大人になった彼女は時折昔の自分のような若手を見かけたときには、かの偉大なデニーロはそういう態度を絶対にとらないわよと教える事ができるようになったという話です。

こちらはショーン・コネリーが受賞したときのもの。スピーチはピアース・ブロスナン。

簡単に端折るとこんな感じ。

11歳のときにアイルランドのど田舎からロンドンに家族で引っ越してきたピアース少年。少年は引っ越した最初の週に映画「ゴールド・フィンガー」を観にいきます。そこで初めて彼はスコットランド出身のショーン・コネリーを目にし感動します。それから年月が経ち大人になったピアースは007の役を撮影し大掛かりなスタントを終えて帰ろうと車に乗りギアを入れようとしたら、そこに偉大なるコネリーが現れます。「君がたった今やっていたのを拝見させていただいたよ。とても素晴らしかった。」、ピアースは沈黙します。するとコネリーは続けて「彼らは君に十分支払ってくれているかね?」とその日初めてあったにも関わらずそう言い放ちます。(会場爆笑)それに対してどう答えたかはどうでも良かったとピアースは言います。偉大なコネリーが僕のボンドを見てくれたという事が意味があったのでしょう。そしてピアースは言います。

「ショーン、ぼくは貴方の歩んだ道に入り込みました。そして貴方が呪いをかけた映画の歴史の影で僕は踊りました。一人の役者としては貴方を頭と心の両方で持ち歩きました。あなたは独自の道を歩み続け自らの伝説をボンドという名以上に高めました。その偉大な功績は永遠にたたえられるでしょう。そしてあらゆる意味で、ぼくは未だに貴方の姿とゴールドフィンガーに洗礼を受けたあの11歳のままでいます。映画が我々に与えてくれるたくさんの夢がありますが、私のは実現しました。その非常に大きな要因として貴方に感謝しています。今夜はここに立っている事を身に余る光栄に思っています。おめでとうございます。おめでとうございます、ショーン・コネリー卿(閣下)」

いやーカッコいいです。何と言うか言葉の選び方が素敵。こんな英語を喋れるようになりたいもんです。

こちらはジャンゴが素晴らしかったジェイミー・フォックスのアル・パチーノへのおめでとうメッセージ。要約するのが面倒なのでかなり割愛します。ジェイミーがまだ若いときにパチーノと撮影をしたら演技に入りきって大声でまくしたてたパチーノの唾がジェイミーの顔にたくさんかかったばかりか、口にあった泡までが飛んできてジェイミーの唇の上にのっかったという。演技中だった事もあり、偉大なパチーノのだからと、そのまま飲み込んだDNAのお陰か後に見事にオスカーを獲得することができるようになったという話です(笑)

スクリーンショット 2014-03-25 12.44.09

あと、徐々に色々な映画に出始めるとエゴの塊のような連中と撮影したりする事も増えたジェイミー、大御所であるパチーノはトレーラーにジェイミーを気さくに招いてくれ、色々とためになる話を聞かせてくれたといいます。そしてチェスをやったエピソードになると、もっと色々と話を聞きたかったから勝たせてあげたんだよと言うとパチーノが笑いながら指で違うだろとジェスチャー(笑)

まだまだたくさんの見事なスピーチがありますが皆さんも是非YouTubeのAFIチャンネルをのぞいてみてください。
一番良いのはキーワード「afi salutes to」の後に、俳優の名前(大御所の名前が妥当です)とか監督の名前もありです。

例: afi salutes to jack nicholson

BF4 戦場は常に変化する

バトルフィールドシリーズといったら戦場。
建物の崩壊や戦車をぶっ壊すなんて当たり前。
今回はさらにパワーアップしてて
戦場のオブジェを操作することもできるようになってるのが凄い。

車のアラームはナイフで迫り来る敵の存在を教えてくれますし、
建物の中で照明を壊して暗視カメラで敵を一網打尽も可能、
さらには自然環境もダイナミックに変化しちゃうという!!!
津波まで起こせちゃうんだから次元が違いますね。

別の動画でDICEプロデューサーがCoDシリーズと比べられた質問に対して
「僕らは常に戦場を意識してこのシリーズを作ってきた」とこたえてます。
他のFPSと違い、同じことの繰り返しをさせるのではなく
戦場で起こりうる様々な状況を提供することにBFはあるといいますが
まさに今回はさらに戦場の臨場感を体験できそうですね。

動画では触れてませんが、Titanfallの
専用サーバーの恩恵についての記事
で触れましたが
ONE版でBF4が専用サーバー使うとなると
自然環境のダイナミズムの部分が相当ヤバいことになるかも知れないですね。

とりあえずONEが手に入るまで間があるのでPS4版でもこれは買う予定です。

Battlefield 4 戦場にいる臨場感といったらこれしかない

ひたすら広い戦場、入り乱れる銃弾、遠くから狙撃される心配、
崩れ落ちる障害物や建物、様々な乗り物、まさに戦争の真っ只中に放り出される感覚。
今までも凄いと思いましたが、今回はそのスケールが半端なくパワーアップしてる感じがしますね。
というか今年の本命は実はこれな予感がしています。

コールオブデューティーシリーズの
俺つぇー的なゲーム性というよりは
仲間達と戦場に繰り出して守るという感じのBFシリーズ
皆さんと戦場で出会える日を楽しみにしています。

プレミアムパック買っちゃおうかしら…

FIFA 14 体験版は9月10日

プロデューサーの腕が悪いのであまりゲームプレイが伝わってきませんが、
それでも各選手のボールポゼッションは格段にあがってる感じがします。
またこれまで以上にもっさりしてる感じがして個人的には歓迎。
スピードやテクニックに任せたイケイケゲームサッカーより
本物のサッカープレイに近い内容を求めているので期待できそうですね。

いずれにしても体験版が9月10日に出るそうなので楽しみです♪