Bitfinex 画面の見方 その1

最初にBitfinexを開いたときは、何て直感的じゃないんだ…
なんて分かり辛くて使い辛いんだ〜って思ってました…
しかし、最近やっと慣れてきたのでメモ代わりに残しておきます😉

初めに、Bitfinexの取引種類を選択するメニューは画面上部にあります。

Bitfinexのアイコン右横から、Trading, Funding, OTC, 検索欄, Deposit, Withdraw, Wallets, ベルマーク, ?マーク, 人アイコンという具合に並んでます。

Funding, OTC, Withdraw, ベルマーク, ?マーク, 人アイコンについては今回は説明を省きます。

まず最初に、このBitfinexへ他のところからの送金を着金/入金する場合は、画面上からDepositをクリックします。

Depositの画面になると“New Deposit”“Recent Deposit”の2種類が表示されます。右側の“Recent Deposit”は直近の着金/入金履歴です。次にこれから着金/入金をする場合は、左側の“New Deposit”にコインの一覧がありますので、その中から受け取りたいコインを選択します。

仮にIOTAを選択したい場合はIOTAをクリックします。
するといかのような画面が表示されるのですが、間に”two-factor authentication(2要素認証)”を設定した方が良いよとメッセージがでます。

文字通り設定した方が良いですが今回は説明を省略します。そのまま画面をクリックすると表示がなくなり、以下のような感じの画面になります。

画面下の方を見るとExchange Walletと表示があり、一番最初だけ受取番号を作成という内容のメッセージがでますのでクリックします。そうすると画像のような暗号のような文字に変わりますので、それをコピーして送金元で使います。

さて、次に送金が完了したらBitfinex残高を見にいきましょう。

画面上部からWalletを選択すると次のような画面になります。
それぞれのコインごとに着金した額や取引内容が反映された残高が表示されます。

長くなったので続きは次回。

あまりにも使い辛いので現在はBittrexを使っています。

 


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

Ethereum: 0xD0fE7E0b86f696902d5a11C3eA3760a8efea462B

 

HashFlare 3日目

今日で3日目になるHashFlare 採掘ですが、順調に採掘してくれてます。
投資金額がわずかなので微々たるもんですがw

初日のダッシュコイン: 0.00053918
Bitcoin(BTC): 0.00003783
ドル: $0.15720

今日のダッシュコイン: 0.00167887
Bitcoin(BTC): 0.00011778
ドル: $0.48943

実はBitcoinの採掘も始めようと思っていたのですが、
Bitfinexからの送金に失敗して対応待ち中です…
今日で返信待ち3日目です。
この話も別の機会に載せるかも。


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

Ethereum: 0xD0fE7E0b86f696902d5a11C3eA3760a8efea462B

 

HashFlare(ハッシュフレア) 始めました。

ハッシュフレアはいわゆるクラウド上で代わりに採掘(マイニング)をしてくれるサービスです。自分で投資をして色々と設定をして採掘(マイニング)をする代わりに、ここの企業に設置された機械に自分のスペースを間借りさせてもらうという感じの投資方法です。

代わりにマイニングをしてもらうのですが、金額に応じて採掘量が変わります。
高い金額設定しかないのであれば、手を出しにくいですし、高額を預けるのは不安になります。
しかしながらハッシュフレアの初期投資金額はとても安いのが特徴です。

以下は採掘できるコインとそれぞれの最低投資金額です。
SHA-256(ビットコインなど)   –> 10GH/s($2.40)1年契約
Scrypt(Litecoin)            –> 1MH/s($11.50)1年契約
ETHASH(イーサリアム)   –> 100KH/s(2.2ドル)1年契約
X11(Dashコイン)                –> 1MH/s(5.8ドル)1年契約

支払い方法は幾つかありますが分かりやすいのは以下の3つですかね。
ビットコインでの支払い
クレジットカードでの支払い(あまりお勧めしません)
WebMoneyでの支払い(このウェブマネーは日本のウェブマネーとの関連性は全くないですので注意)

サイトは日本語に対応しているので英語が苦手な方でも始めやすいですね。
ビットコインで支払いをする場合は、幾つかビットコインを購入できる取引所があります。
私はBitflyer(ビットフライヤー)を使っています。
国内ナンバーワンの取引量らしいです↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

では早速ハッシュフレアに登録してみましょう。
こちらをクリック↓

HashFlare

 

登録の手順は簡単なので省略しますが、その後の購入方法について少し説明します。

ハッシュフレアでは、上でも触れましたが「SHA-256」「Scrypt」「ETHASH」「X11」の4種類のハッシュレートが購入可能です。

それぞれ、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ダッシュを採掘できるんだと考えておけば良いです。

どのコインを採掘するかを決めたら、購入量を指定するバーが表示されます。
投資金額を決めたら処理済みというボタンをクリックすると支払い画面に変わります。
支払いが完了すると、左側メニューの「履歴」に反映されますが、ビットコイン等を他のウォレットから転送する場合は時々届くのが遅れる場合があります

ですので、最初はクレジットカードでの購入をおすすめします。

私の一番最初の採掘はダッシュです。
X11:ハッシュレート:3MH/s:購入額17.40USD:BTC送金:2017年8月21日開始です。

少しずつ余裕ができたら他のコインも買って、さらに再投資なども試してみようと思います。

 

 


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

Ethereum: 0xD0fE7E0b86f696902d5a11C3eA3760a8efea462B