久々の更新、色々とアップデートを。

皆様ご無沙汰しております。
ここしばらく忙しすぎて更新が疎かになっている間に色々とありましたね…
ありすぎて何から書いたら良いのか悩みますが、
幾つか過去の内容のその後情報などを備忘録代わりにまとめておきます。

まず、ハッシュフレア
一定額を支払って代わりにマイニングをしてもらい、
その報酬を得るということではじめたわけですが…
結果は散々たる内容でした😭
途中から何となく気づいていた事ですけど…皆様クラウドマイニングはお勧めしません。

次に、NAGAコイン
ICO終了後は$2以上の金額を付けていましたので一部売却しました。
まだコインは残っていますが、投資分はかえってきました😁
残りはこのまま保持していこうと思っています。
ちなみに1NGC=1ドルで売り出されていました。
現在は相場全体が下がっている事もあり、1NGC=0.6879ドルとなっています。
最近では欧州の方で使えるNAGAカードが発行されたりと、
動きは定期的にあるので今後も注目して良いコインだと思っています。

問題は、Crypterium
僕の書いた記事を元にし購入なさった皆様に心よりお詫び申し上げたいです。
まだダメになったと決めつけるのには早いのですが、
他の成果を出しているICOと違い、
ここは具体的に何をどのように行動しているのか
今後どうしていくのか、そして何を考えているのか、
そうした実情というものがあまり見えてきません。

約束していた取引所への上場というのも未だになく、
個人売買の場外取引所的なIDEXで叩き売りがされている状況です。
彼ら曰く、場外取引所での売買は正規価格ではないので
売り買いしないで欲しいとの事ですけど…

現在の価格は1CRPT=$0.4593
個人的には大きく信頼を損なった感満載なのですが、
商品の性質上もう少し待つのもありかも知れません。

そして、Bankera
ここだけが何かが常に動いている感じがして、一番期待しています😊

ICOは3月頭に終了しました、売れ残ったコインも保有者へ分配がされました。
そして今後は4月から6月にかけてイギリスのHitBTC取引所へ上場
(NAGAもこちらです)、
6月頃にはBankera取引所もオープンを予定しています。

さらには、取引所で今後売買される事になるコインの発表もありました。
配当もこれまで毎週分配されてきていますし、今後も期待に胸が高まります。

彼らが目標としている10ユーロになるのには5年くらいかかるかも知れません。
しかし年内に1ユーロというのは僕の期待のしすぎでしょうかね。

それくらい他のICOと比べても目に見えて動きのあるICOだという手応えを感じています。

まずはイギリスのHitBTCへ上場したら一部を少し売って、下がったところでコインを買いますという事をしたいと思っています。

目指すぞ20万BNKコイン!!!
1ユーロになったら約2600万だ😂(取らぬ狸の皮算用とはこの事だw)

ここまで市場が暗くなるニュースが多かったですが、今後は少しずつ安定していく事でしょう。

まだ暗号通貨をやっていない方はこんな価格で購入できるのは最後のチャンスかも知れないですよ。

市場が冷え込んでいるときに購入して、市場が浮かれて新規参入者が多い時は静観するか売却というのが正しい投資の仕方だと考えるとまさに今なのだと思います。


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

Ethereum: 0xD0fE7E0b86f696902d5a11C3eA3760a8efea462B

 

Bankera バヌアツ!? Pacific Private Bank 買収!!! 凄いかも!!!

ビッグニュースがあると前回のFAQ動画で予告があったのですが、
一体どんなニュースやらと思っていたら…

どえりゃ〜話じゃがね😎😄😉

何度かご紹介しているBankeraですが、
他のICO銘柄にもここのやり方を見習って欲しいものです。
毎週届く収益報告、紹介料の振込や配当金の振込、
加えて、振込について疑問があったので問い合わせればすぐに返信も来ます。
他のICOにも幾つか投資をしていますが、ここ程実力を感じるところはありません。

さて、そのBankeraが上の画像にもあるように
1月15日付けでバヌアツにあるプライベート銀行を買収したようです。
バヌアツという事にピンとこない方も多いかも知れませんがご安心ください。
まずは下の映像を見てみましょう😍

wikiでバヌアツを調べるとこんな感じの記述が見つかります:
通称バヌアツは、南太平洋のシェパード諸島の火山島上に位置する共和制国家である。西にオーストラリア、北にソロモン諸島、東にフィジー、南にフランス海外領土のニューカレドニアがある。イギリス連邦加盟国。

こっちの地図の方が位置が分かりやすいかな:

言語: ビスラマ語(ピジン英語)、英語、仏語(いずれも公用語)
通貨: バツ(Vatu) 1バツ=1円(2017年5月)

バヌアツはただの楽園ではなく、Tax haven (租税回避地)でもあるようです。
いわゆるオフショアと呼ばれるやつですね。
租税回避行為の防止も最近は進んでいるみたいなので
Foreign Account Tax Compliance Act (Facta)も
控えている事ですし、オフショアのメリットはないかも知れませんが…

ちょっと一瞬現実逃避してしまいましたw
話をBankeraに戻します。

Bankeraの計画の一つに暗号通貨時代の銀行を作るという事があります。
予定ではICO後の2019年初頭に銀行ライセンスを取得するということでした。
しかしながら、今回その整備をするための手段の一つとして
早くも大きな一手を動かしてみせたわけです。
1997年からプライベートバンクとして機能している老舗銀行を買収してしまいました。

バヌアツには8つオフショアバンクがあるらしいのですが、
Pacific Private Bankは、その中でもFXや証券などに特化した機能を持っているようです。
銀行ライセンスだけでなく、これまでに培った20年分のノウハウや
優秀なスタッフなどを吸収できたという事になります。

プライベートバンクというのは富裕層が資産を保管したり、
運用する為に使う銀行なので、今回の買収により
富裕層の顧客ベースを獲得できたかも知れません。
(プライベートバンクランキングの上位20位以内に入っていないので、規模は小さいのかも知れませんので期待しすぎるのは禁物ですね。)

このプライベートバンクがそのままBankeraになるという事ではなさそうですが、
間違いなく今後のBankeraの動きを加速させる起爆剤にはなるでしょう。
ライセンスの取得はこれ以外にも別途する事になると思いますが、
どこで銀行を立ち上げるか次第なんでしょうね。

さて、すでに資金調達額も約109億円を約7万人から調達済みです。
彼らが掲げる3本の柱の構築も今回の買収で大きく進んだのでしょう。
(3本柱: ITインフラストラクチャ、ライセンス、資本)

BankeraのICOに参加したい、BankeraのBNKを買いたいという方は下のリンクに方法を載せています。
「毎週報酬あるから良し♪」を見ていただくと分かるかと。

僕は今回の発表を受けてもう少し投資をすることにしました。
Bankeraが目標としている1BNK=10ユーロにこの調子だったら届くんじゃないかと夢を見させてくれるぐらいの動きを今のところ彼らはしていると思いますからね。

1BNK=1ユーロでも大きな回収ができますが、これが10ユーロならバヌアツにいって見たいと思います。
ショーシャンクの空のエンディングが何故か思い浮かびました😂

※皆様、投資はあくまでも自己責任でお願いします。

関連記事:
Bankeraのビジョンとロードマップ
Bankera さん、有難う(喜)
SpectroCoin? Bankera?… ややこしいね、でも毎週報酬あるから良し♪


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

Ethereum: 0xD0fE7E0b86f696902d5a11C3eA3760a8efea462B

 

Bankeraのビジョンとロードマップ

Bankera (バンク=銀行、エラ=時代: バンクエラ)のおさらいをしておきましょう。
バンクエラ(Bankera)は、ブロックチェーン時代の新しい役割を担う次世代銀行を目指すICOです。

現在は1バンカー(BNK)に対し、0.018 EUR(約2.4円)という価格でコインが入手できます。
この価格は調達額に応じて少しずつ高くなっていきます。最初に購入しておいた方がお得という事ですね。

これまでの実績と今後の道筋(目標)ということでロードマップがきちんとホームページ上で確認できるのが嬉しいです。

実績について簡単にまとめます:
ITインフラの開発完了
支払い処理を容易にし、個人向けIBANおよび決済カードを発行するための必要なITインフラはすでに開発完了、SpectroCoinで実用最小限の商品(MVP)が利用可能。 現在、SpectroCoinは633,200人の顧客を抱え、65,000枚のカードを発行済みです。

プレICO完了
トークンの10%が、ICOの価格を決定するために配布されました。 総額25億のBNKトークンが2,500万ユーロで売却され、これまでで最大のプレICOの1つになっています。 プレICOには16,000人以上が参加しています。

ウォレット機能完了
P2P送金をフルサポート、モバイルウォレットの提供開始。カード方式や送金ネットワークなどを含む主要な決済ネットワークのメンバーシップも申請済み。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)  ← いまここ
11月27日 – 2月末
ブロックチェーン時代のための最良の銀行を構築するために必要となる資本力を整えるためにトークンの30%を配布することで資金調達。

取引所公開
2018年上半期
主要な暗号通貨とERC20およびNEMモザイクトークンをサポートするBankera取引所(現在準備中)の開始。取引所のアプリは2018年の終わり頃予定しているようです。(FAQ情報)

バンキング機能
2019年前半
ICO後、銀行ライセンスを取得。これにより、融資や預金サービスが提供可能に。

投資ソリューション
2019年後半
上場投資信託(ETF)や、暗号トークン投資ファンド、ロボアドバイザーなどの低コスト投資ソリューションの提供開始。

新たな通貨
2020年
投資商品と支払い商品との相乗効果により、経済成長に連動した通貨や価値交換媒体としての上場投資信託(ETF)の使用など、新たな通貨が提供されることになります。

バンクエラ(Bankera)のビジョンは3本柱となっています。
従来の銀行の役割を担うバンクエラは、以下3つのサービスを提供します。

お支払: 個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスを提供します。これらすべてのサービスは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応します。また、将来のバンクエラは、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していきます。

ローンと預金: ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

投資: 上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしております。

 

どの通貨でトークンを購入できますか?
SpectroCoinでサポートされているすべての通貨でトークンを購入することができます。
暗号通貨 (DASH, BTC, ETH, XEM) と 法定通貨(EUR, USD, GBP, など) から選択してください。

ICOでのBNKの最低購入額はいくらですか?
最低額はありません、誰でも歓迎します!

ICOのソフトキャップとハードキャップは何ですか?
BankeraのICOのハードキャップは75億BNKで1億5200万EUR相当です。
またICOではソフトキャップを導入し、10億BNK売却ごとに0,001EURの価格が上がります。

BankeraのICOの参加者は何を得られますか?
BNKトークン保有者には、純取引利益の20%が毎週支払われます。
毎週のコミッションの詳細の要約はブログで見ることができます♪
このコミッションはBNKを保有している限り毎週貰い続けることができます😁😂😍😋😉
(Bankeraチャットで確認済み:2018年1月11日2:05am)

また、BNKトークンはBankeraサービスの支払いを割引料金で受けれます。
たとえば、毎月のカード料金をBNKでカバーすることができます。

他の多くのICOと違い、Bankeraは状況報告がとても分かりやすくてブログなどを見ていても何かが前に進んでいる感じがして得体の知れない何かに投資している感じがする他のICOとは大きく異なっていて個人的にとても好感を感じています。

BankeraのICOに参加したい、BankeraのBNKを買いたいという方は下のリンクに方法を載せています。
「毎週報酬あるから良し♪」を見ていただくと分かるかと。

関連記事:
Bankera さん、有難う(喜)
SpectroCoin? Bankera?… ややこしいね、でも毎週報酬あるから良し♪


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

Ethereum: 0xD0fE7E0b86f696902d5a11C3eA3760a8efea462B

 

Bankera さん、有難う(喜)

 

先ほどメールを開いたらこんなメッセージが↓
“You have received 0.0004212953150517770000 ETH worth 0.30493 EUR of 18th week’s net transactional revenue share”

大まかに訳すと「18週目の取引利益の分配額として、あなたには0.30493ユーロ(41.467386円)に相当する0.0004212953150517770000イーサが振り込まれました」とな。本当に “毎週” 振り込んでくれるなぁ、たったの40円とはいえ14万円相当しか預金していないのに毎週利息もらってしまっていいの?って感じるくらい良心的ですな。

ちなみに、このコミッションはBNKを保有している限り毎週貰い続けることができます😋
(Bankeraチャットで確認済み:2018年1月11日2:05am)

どれどれ、携帯アプリのSpectrocoinを開いて確認するか。

ちゃんと届いてましたよ。
Bankeraが将来色々なところで使えるようになってくれるといいなぁ…
ついでに言うと日本円を入金できたりするといいなぁ…
JPYの表示があるから予定はあるんだろうけどね…

という事で、今回分配で入ってきた約40円分のイーサはそのままBNKへ変えておきたいと思います。

時代という意味合いのeraと銀行でバンクエラ、何だか未来を想像すると楽しみです。
資産形成を今の若い子たちは40代以上の老人達と比べても楽しんでできそうで羨ましいです。
ただの成金じゃなくて次世代の日本を作るつもりで財産をなして欲しいですね。
歩が金に成ったところで元々は歩なんですけど、金になると勘違いする実力未満の人も多いので本当の意味での金になって貰いたいものです。

さて、Bankera(バンク+エラ)に投資をしたい方は、SpectroCoin(スペクトロコイン)という口座を開く必要があります。詳しくはこちらの記事を読んで頂ければ登録ができるはずです↓

関連記事:
Bankeraのビジョンとロードマップ
SpectroCoin? Bankera?… ややこしいね、でも毎週報酬あるから良し♪

リップルも相変わらず爆上げですね〜
1リップルが5万円くらいになるまでガチホールドしますよ。

最近はpo.etという銘柄を買いました。

この銘柄をバックアップ(Backer)しているメンツが中々の人達っぽいので少し期待しても良いのではないでしょうか。

著作権や信頼できる情報元の重要性に関する考えや情報元の特定などについて、日本はまだまだ遅れていますが、欧米ではかなり重要な意味合いを持っています。暗号通貨時代になくてはならない要素の一つとして先駆けて試みるこの銘柄の将来性は明るいんじゃないかなと個人的に感じています。まだまだ値段が安いうちに保有しておくと良いと思います。


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

Ethereum: 0xD0fE7E0b86f696902d5a11C3eA3760a8efea462B

 

強気に投資できるのも6月頃までか?

明けましておめでとうございます。
2018年、今年は波乱の一年になりそうですね。
気を引き締めていきたいと思います。

タイトル通り、僕は今年は前半に全てがかかっていると思っております。
これまで暗号通貨を仮想通貨と解釈して勝手な妄想をして暗号通貨を遠ざけてきた年配の素人さん達や、ビットコインが200万になったニュースを聞いてから飛びついてきたような投機が目当ての集団が一斉に口座開設をして相場が荒れることになるからです。

他にも国の規制(法改正や税改正など)も各国で整っていくでしょうから、これまでのような何を買っていてもお金が増えるという事にはなり辛くなっていくように思います。

そして銀行や現在流通している電子決済などのサービスと連携する通貨が整ってくると、ビットコインの一強時代も終わる事になります。これは正直大きな変換点となるでしょうね。

草コインも闇雲に買っていても上がる事を期待できたのが、今後は慎重に将来性があるのかという点を考えないとやばいですよね。

そんなわけで今年は6月頃までは意欲的にバランス良く色々なコインに投資をしつつ、少しずつ投資する先を絞っていき、6月以降は3種類ぐらいにして運用していこうと思っております。

目下楽しみなのは今回の表紙のSBIが準備している取引所です。
リップルがどういう扱いになるのかが待ち遠しいです。

2018年、投資先の最も大きいパイとしては、リップルとイーサリアムですね。
あとはバンケラのバンカーの量を増やしてイーサリアムの量も増やしたいですね。
6月までは10種類の草コインやICOに1万円ずついれようと思います。(NAGAもお陰様で好調です)

何か皆さんに楽しんで頂ける情報を提供できたらと思っております。
今年も宜しくお願い致します。


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

Ethereum: 0xD0fE7E0b86f696902d5a11C3eA3760a8efea462B