HashFlare 3日目

今日で3日目になるHashFlare 採掘ですが、順調に採掘してくれてます。
投資金額がわずかなので微々たるもんですがw

初日のダッシュコイン: 0.00053918
Bitcoin(BTC): 0.00003783
ドル: $0.15720

今日のダッシュコイン: 0.00167887
Bitcoin(BTC): 0.00011778
ドル: $0.48943

実はBitcoinの採掘も始めようと思っていたのですが、
Bitfinexからの送金に失敗して対応待ち中です…
今日で返信待ち3日目です。
この話も別の機会に載せるかも。


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

IOTA: GEZKPEUMJKESDHVFAOKAZZYSTGNWUSMHA9YTNYPJWBOHKTTDZFJBZN9PJICCRETEXSBZPCLUIXGHXNBDZWGDTEWLHB

Bitcoin: 1GfZm1T6fMj7ZcQdaTAyT76742EgLBdq5B

Ethereum: 0xa3e002e8b79765b1ad202c83f39efe13b17d0980

Litecoin: LUfsmwkXA9aAVafapKUdBFejGAWbL2GK9r

POT:
PJyft3R63x8aRpC6djpaMvzNudKv58jHnZ

Monacoin: MRvP5zqQRue9nmVa6MCsP2RfRY2G6rtvUC

 

HashFlare(ハッシュフレア) 始めました。

ハッシュフレアはいわゆるクラウド上で代わりに採掘(マイニング)をしてくれるサービスです。自分で投資をして色々と設定をして採掘(マイニング)をする代わりに、ここの企業に設置された機械に自分のスペースを間借りさせてもらうという感じの投資方法です。

代わりにマイニングをしてもらうのですが、金額に応じて採掘量が変わります。
高い金額設定しかないのであれば、手を出しにくいですし、高額を預けるのは不安になります。
しかしながらハッシュフレアの初期投資金額はとても安いのが特徴です。

以下は採掘できるコインとそれぞれの最低投資金額です。
SHA-256(ビットコインなど)   –> 10GH/s($2.40)1年契約
Scrypt(Litecoin)            –> 1MH/s($11.50)1年契約
ETHASH(イーサリアム)   –> 100KH/s(2.2ドル)1年契約
X11(Dashコイン)                –> 1MH/s(5.8ドル)1年契約

支払い方法は幾つかありますが分かりやすいのは以下の3つですかね。
ビットコインでの支払い
クレジットカードでの支払い(あまりお勧めしません)
WebMoneyでの支払い(このウェブマネーは日本のウェブマネーとの関連性は全くないですので注意)

サイトは日本語に対応しているので英語が苦手な方でも始めやすいですね。
ビットコインで支払いをする場合は、幾つかビットコインを購入できる取引所があります。
私はBitflyer(ビットフライヤー)を使っています。
国内ナンバーワンの取引量らしいです↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

では早速ハッシュフレアに登録してみましょう。
こちらをクリック↓

HashFlare

 

登録の手順は簡単なので省略しますが、その後の購入方法について少し説明します。

ハッシュフレアでは、上でも触れましたが「SHA-256」「Scrypt」「ETHASH」「X11」の4種類のハッシュレートが購入可能です。

それぞれ、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ダッシュを採掘できるんだと考えておけば良いです。

どのコインを採掘するかを決めたら、購入量を指定するバーが表示されます。
投資金額を決めたら処理済みというボタンをクリックすると支払い画面に変わります。
支払いが完了すると、左側メニューの「履歴」に反映されますが、ビットコイン等を他のウォレットから転送する場合は時々届くのが遅れる場合があります

ですので、最初はクレジットカードでの購入をおすすめします。

私の一番最初の採掘はダッシュです。
X11:ハッシュレート:3MH/s:購入額17.40USD:BTC送金:2017年8月21日開始です。

少しずつ余裕ができたら他のコインも買って、さらに再投資なども試してみようと思います。

 

 


記事が役に立った、面白かったという方、
宜しかったら募金による応援をお願い致します。
ここの運用や様々な研究に使いたいと思います。

IOTA: GEZKPEUMJKESDHVFAOKAZZYSTGNWUSMHA9YTNYPJWBOHKTTDZFJBZN9PJICCRETEXSBZPCLUIXGHXNBDZWGDTEWLHB

Bitcoin: 1GfZm1T6fMj7ZcQdaTAyT76742EgLBdq5B

Ethereum: 0xa3e002e8b79765b1ad202c83f39efe13b17d0980

Litecoin: LUfsmwkXA9aAVafapKUdBFejGAWbL2GK9r

POT:
PJyft3R63x8aRpC6djpaMvzNudKv58jHnZ

Monacoin: MRvP5zqQRue9nmVa6MCsP2RfRY2G6rtvUC

 

Bitcoinやってますか?

1米ドル = 110.6円(2017年8月7日現在)

これに対してビットコインは…

1BTC = 約35.52万円

衝撃ですね^^;

5月の半ばくらいだったろうか、投資家の友達からまだ上場前の仮想通貨が無料で貰えるから今のうちに手続きしておいた方が良いという情報を頂いた。

興味があったので、すぐに手続きをして無料で初めての仮想通貨を持つことができた!(^∇^)b

そこから間もなくその通貨は上場したのだが、した途端に凄い勢いで値段があがった。一時は1単位が5万円ほどだった!いまは大分落ち着いて今日の時点で3.3万円ほど。

こりゃあ凄いなと思っても主役のビットコインは1BTC=30万超えなんだから(笑) いや〜凄いなぁと思っているうちにどんどん周りでもビットコインの話題にする人が増えてきた。と思ってたら、今度は分裂危機だから危ないよ、やっぱり止めた方がいいよ、などという声もたくさんww

元からやってる友達は、理解できない人は機会損失してるでと失笑してましたけど…

話がそれましたので本題に戻しますと、
ビットコインの取っ付きにくい点は
既に高額だという点なんですよね。

はじめようにも資金力のない人には中々手が出せないというのが悲しい><;

手っ取り早くビットコイン入手できるかなと思って探し当てたビットマイナーなるサイトで危うく詐欺に引っかかるところだったしww

やはりそんな簡単にうまい話なんてないもんですね^^;

ところが、色々調べていると資金がなくてもないなりに地道に稼げばいいわけなんですよね。(アルバイトをして貯めたお金で買いなさいなんて面倒なことではありませんw)

ビットコインなどの仮想通貨の売買ができる口座を作って、その口座の振込先番号を登録するだけで毎日そこに少しずつお金が振り込まれてくる方法があるというのを発見。

一見詐欺っぽく聞こえてしまうのは、投資をギャンブルと教育されてきた国民性に問題があるのかも知れないですけど…

これ、毎日0.0006 BTC(約200円相当)が何もしないでも振り込まれます。

ただし、この振り込まれたビットコインの引き出しができる最低金額は0.005 BTC(約1650円)です。

やり方はとても簡単です。
ビットマイナーにアクセスして、自分の持つ仮想通貨の口座の受取番号をアドレス部分に記入して、「スタートマイニング」というボタンを押すだけです。

Enter your bitcoin addressにビットコインアドレスを入力、Start Miningをクリックするだけ。これだけですw めっちゃ簡単でしょw

ビットマイナー URL: https://bitminer.io/2521227
日本語表示あり

おいらの現在のビットコイン残高、これがこれからどれぐらい貯まっていくか楽しみです。

今日の時点でビットコイン残高は0.00354611(約1302円)

 

The Inner Sea – 箱庭の内海をのんびり航海

Inner Sea – 内海(ないかい)とは陸地と陸地との間に挟まれ、狭い海峡によって外洋と繋がっている海域。断層・盆地の沈降などによって形成される。地中海や瀬戸内海なども内海である。内海の陸地と陸地の両岸の交流はとても盛んであった。

 
時代は17世紀、ミッションを請負って旅立った我が船は、船員の誰もがかつて見た事のないようなとてつもない嵐に遭遇した… 数日間の暴力的な風と絶え間ない雨と巨大な波にさらされ、船は激しく損壊。船員達も傷つき士気を失いきっていた。そんな絶望しかけていたときに嵐の目にたどり着いた。外は嵐に囲まれているのに、とても穏やかで航海しやすい海を発見したのだった。
 

 
Inner Seaの冒険はこの内海にたどり着いたところから始まります。
 

 
バイキングっぽい船にするか、中国っぽい船にするか、中東風にするか…
 

 
大まかな冒険の目的を決めます…
 

 
上の画像のような流れで、冒険の始まりにカスタマイズがあります。
この後に簡単な操作方法の説明があり、箱庭な内海に放り出されます。
 

 
特に明確な目的はなく、島と島の長にあって依頼を聞いたり、それぞれの島で交易品を売りさばいて金儲けしたり、儲けた金で船を強くしたり、強くなった船で海賊まがいにすれ違う船を沈めたり…何をするかはプレイヤーの自由になっています。なので揺らり浮かぶ船を眺めて楽しむだけなんてのもありなゲームです。トップの画像のように巨大な魚にはまだ出会っていないのですが、ミッションの中にはこういうバケモノ退治などもありそうですね。
 

 
この内海では3タイプの勢力があり、それぞれの勢力に傾いたお手伝いをしていると友好度や敵対度が変わっていき、狙われたりします。勢力の一つに紀元前のはずの清朝があって17世紀に!?というのはご愛嬌ですかね^^;
 

Friday the 13th: The Game – 発売間近かな?

13日の金曜日、一人がジェイソンになって他の7人がキャンプ場の指導員となって逃げ惑うゲーム、面白そうじゃないですか… 圧倒的な力を持つジェイソンと一人で対面してしまうか仲間と協力し合いながら生き延びる事ができるか…ジェイソンの役割も面白そう…物音に耳を傾けながらどこに的を絞るか… キャンプ場を脱出するためのボートの定員数は2名、これも熾烈な争いになりそうですね…

2017年発売となってますが、もうそろそろ発売という事かな…
最近ゲームまったくできてないけど来年は遊ぶことができるか…

コミュニケーション取りながらやるのが醍醐味になりそうだけどフレンドさんがいない人やタイミングがずれてやるような人は可哀想かも…おいらも漏れなくボッチになりそうな予感。

※追記: 昨日はPC版のベータが開始されましたね〜(12/21/2016)