pointmanlean

Rainbow Six Siege カバーシステムその他

いやーゲームからしばらく遠ざかってましたが、
2月に入ってからは結構ゲーム三昧でした。
といっても、Macbook Airを使ってSteamで
Civilization Vを購入、毎夜やめ時が分からないぐらいという感じですがね…

Steam見てると値段の安さもしかりですけど、
家庭用ゲーム機で発売されずとも面白そうなゲームはたくさんありますね。
色々なゲームに手を出してるといくらあっても時間が足りない。

ここ数年ゲームをやめて思う事は本当ゲームが時間泥棒だって事でした。
あっ誤解しないでくださいね、ゲームが悪いという事ではなくて
ゲームを含めて考えて意識して人生過ごさないと勿体ないという事です。

ほどほどにバランス良くやるにはゲームだけじゃない事も
たくさん知っておいた方が良いと思います。
…と、お説教じみた事を書くつもりはないので本題へ。

Raibow Six Siegeに関する動画を見つけたので
内容を書いておきます。

シームレスに動作をフルコントロール

今回のSiegeの大きな特徴はゲーム中に
何をしていても射撃動作に入ることができるそうです。
ラペリング中であろうが、バリケードを張って張る途中だろうが、
敵が突然現れた時に対応ができるとの事です。
照準、射撃、リロード、グレネードを投げるなど。

フリーリーンシステム(カバー動作について)

今回のSiegeではカバーが挙動の一つになっている為、
壁に張り付いた状態でなくても通常状態で
カバーの体勢になる事が可能です。
これにより目の前に味方がいる場合に
その後ろに身を隠しながらカバー体勢で
射撃をするなどという事も可能になりました。

pointmanlean

このカバー挙動は左でも右でも体を傾斜させる事が可能で
エイム中やグレネードを持っていても対応されています。

controls

スティックを押し込むと左と右に応じた傾斜姿勢になるようです。

もう一点忘れてはいけない点が、今回は対象物全てが現実の対象物のように
破壊することができるようになっているという事です。
壁や天井やテーブルなどの障害物に隠れるという事が
安全とは言えなくなったということです。

床に穴↓

この挙動というのはCTU(カウンターテロリストユニット)が
実際に現場で取り入れている動作でプレイヤーにもそれを体感して欲しいそうです。

体の中心線に沿って傾斜姿勢をとるため、しゃがんだ状態だけでなく
うつ伏せに寝ながら構えている状態でもカバー体勢にはいれます。

threestooges

極めつけは上の画像でしょう、うつ伏せの味方の後ろで
ドアに隠れた味方が援護射撃をすると、その後ろから
もう一人が現れて援護射撃という具合です。

いや〜めっちゃ楽しみですねぇ。
色々と書いておきながら未だに次世代ゲーム機は
購入していないのですがねww

併せて読むのにお勧めな記事↓
リスポーン禁止に踏み切った『Rainbow Six: Siege』、Ubisoftがその意図を説明
– Choke Pointさんの記事に飛びます。

IMG_0360

Samurai Siege やってる♪

お久しぶりです。
昨年の7月以来更新してませんでしたね(汗)
最近は家にいないで飲み歩いている事が多いので
座って落ち着いてやるようなゲームはまったくやってません。

じゃまったくゲームやってないの?
いえ、そうでもないです…
iPhoneで移動中にできるゲームを3つほどやってます。
なので、一日の中でゲームが占める時間帯は結構あるかもw

そんな稼働中のゲームの一つを今日はご紹介。

サムライ大合戦」(邦題)、Samurai Siege です。

いわゆる自分の城下町を作るゲーです。
敵に攻め込んだり攻め込まれたりと戦略要素があり
更には仲間たちのいるクラン(同盟)に所属すると
その恩恵を得られるという仕組みになっています。

これ系で有名なのは「Clash of Clans」ですね。
昔からお世話になっているゲームプレイ日記サイト
Build Force” 管理人のDDさんが詳しい記事を書いていますので
お勧めします→ “話題のiOSゲーム『Clash of Clans』を遊んでみた

Clashの良いところはキャラを初めとした全体的なデザインセンスの美しさでしょうね。
またゲームシステムとしてもとても良くまとまり洗練されています。

しかし、今回ご紹介するサムライ大合戦はClashよりも
ゲームの戦略性が洗練されて高い気がします。
デザインがアメリカンな感じなので、そのセンスが合わない人にも
食わず嫌いをしないで是非一度遊んで戦略性をみて欲しいなと思います。

サムライ大合戦の良いところ

その1、ユニットの強化ができる!

IMG_0360

例えば、「隊長」というユニット。
上の画像を見るとアップグレードというボタンと
特殊能力というボタンがあります。

IMG_0361

この特殊能力を強化することによって
通常よりも強いユニットに育てる事ができます。

自分の城下町に置く「見張り塔」などの防衛設備も

IMG_0362

下の画像のように特殊能力の強化が可能です。

IMG_0363

 

その2、同盟に参加すると色々ともらえる!

IMG_0366

クラン(同盟)レベルに応じて色々な恩恵を得られる。
今お世話になっている所はクランレベルが31なのですが
例えば上の画像を見るとコイン生産量が
通常時より5%もあがるようになっています。
兵の耐久力などもあがっていますよね。

下の画像を見るとくらんレベルが46になると
兵の耐久力が5%から15%にまで上がるのが分かります。

IMG_0367

個人でひっそりやるのも良いですが、
クランに所属すると戦力的にかなりの差が開いてしまいます。

このサムライ大合戦は、イベントやクラン同士の対戦など
運営会社がかなり力を入れている感じがします。

逆にクランに所属したくない人にはそれ程の魅力はないかも知れないですね^^;

何はともあれ、こういうゲームが好きな方には一度是非プレイしてみる事をお勧めしますよ♪

E3 2014ですね〜 Nintendo 編

Nintendoの発表から

マイキャラであるMiiで戦えるというのは割とどうでも良かったりするのですけど、家族で遊んだりするとやっぱり盛り上がりますよねw しかも、Miiが動く動くw

スマブラは既に確立されたゲームとして安定感ありますよね。こっちの詳細映像見てたら最近遊んでなかったけど、ちょっと欲しくなりました^^ 親戚の子供とかが来たときに一緒に遊べるのがいい♪

それにしてもよっぽどお金に困ってるんですね^^;仮面ライダーや戦隊ものやプリキュアみたいにキャラ商法作戦展開ですかw

「毛糸のヨッシー」これは癒されますね〜 やってみたい。

最後はゼルダかなぁ…しかしオープンワールドにとうとう対応したとはいえ、ゼルダの良さがどこまで出るのか?これは実際の作品の全容がもう少し見えてこないと何ともコメントできませんけどね。でもNintendoのことだから考えた上で完成度の高いゼルダを産み出してくれるでしょうね。

E3 2014ですね〜 Sony 編

Sonyの発表から気になったタイトル

“The Order: 1886″、動作がもっさりしてそうな印象ですけど、バイオっぽい感じがしてちょっと気になりました♪
詳しくは公式サイトにのってますね。

The Order 1886 公式サイト

フロムソフトウェアから新しい作品”Bloodborne”
相変わらず即死するゲーム展開が待ってるんでしょうかねw

Dead Island 2も発表されましたね。これはPS4以外でも発売されます。
そろそろ新しいことやらないと飽きられそうですけど…

深海の探索ゲー?”ABZU”は興味深い作品になりそうですね。
“Flower”や”Journey”を手がけた開発者が新しく作った開発スタジオの新作だそうです。
ゲームとして面白いかどうかは別としてこういうゲームはあって良いと思います。

あまり進化はしてなさそうですけどw
でも好きなシリーズなのでやってみたいですね^^^

うーんこれぐらいでしょうか…
もちろんアーカイムナイトとかちらっと出てましたけど、PS4専用ではないですね。
ラストオブアスの続編やアンチャーテッド続編もちらっと出ましたけど
もうちょっと時間とってプレゼンしたら良いのにと思ってしまいました。

昨年はマイクロソフト陣営の発表がどこに焦点当ててるか分からない感じで最悪でしたけど、今回のSonyはまさに逆転現象で一体Sonyが目指してるのはどこなの?って感じがして気持ち悪かったです。発表してる人達がスーツ姿なのが余計にそう思わせたのかも知れないですけど… セレブっぽい鼻についた喋り方や他社を見下ろすような言動が随所に見られたりも加わって、プレゼンテーションが今回は悪すぎたという印象です。

さて、気を取り直して任天堂の発表について次は触れたいと思います。

E3 2014ですね〜 Ubisoft 編

Ubisoftの発表はFar Cry 4から。

前作の敵ボスのVAAS(ヴァース)はかなりインパクトあって好きでしたけど今回の敵も中々いい味を出してますね。実際のゲームプレイ映像も前作からかなり美麗でしたけど今回は次世代機ともあってさらにパワーアップしてますね。

Far Cry 4は、ネパールやブータンなどの感じを参考にしたヒマラヤの奥地にある架空の場所「キラット」を舞台に、エイジェイ・ゲールという母親の葬儀を終えたばかりでその灰を片手に母が生前に願っていたヒマラヤにやってきた青年がトラブルに巻き込まれるという設定だそうです。

山間の地が舞台ということもあって、グラップルフックが活躍しそうですね。あと前回はハンググライダーでしたけど今回はウィングスーツになってますね♪

全米大陸をロード時間なしにシームレスにお気に入りの車で走れるThe Crew!
Test Drive Unlimitedで運転しながら寝落ちした人達は今回もですねw

僕は昔カリフォルニアに住んでいたんですけど、向こうでの生活で何が楽しかったって何と言ってもドライブです。お気に入りの音楽をかけたりラジオに耳を傾けながら美しい景観をただ何も考えずに走るという喜びはすごいものでした。当時走っていたルートが今も残っているのか含めてこのゲームはプレイしてみたいですね〜

第一世界大戦をテーマにした”Valiant Hearts”も気になりますね。第一次世界大戦の開戦から、今年は100年目という意味でも非常に大きな意味合いがあると思います。戦争はゲームの中だけで十分。二度と現実にならないようにこのゲームがそういうメッセージ性を含む内容であったほしいです。

待ってました〜!!!
最後はRainbow Sixシリーズ最新作!!!Rainbow Six Siegeが発表されました。テロハン(テロリストハント)がかなりパワーアップしていい感じになってそうですね。スプセルなどの影響も感じますけど何にせよこちらもプレイしてみたいものです。

いやー最近ゲームしてなかったけど、今年は結構やってみたい作品多いかも!

次の投稿はソニー編を予定してます。