Gears of War 1以降のマルチプレイが好きになれない理由

アサルトライフル – いわゆるフルオート(全自動)で中距離から遠距離の敵を撃つための銃だ。ここ10年くらいの対戦ゲームで最もメジャーな立ち位置にあり、Call of DutyやBattlefieldみたいなビッグタイトルからマイナーなものまで見かけない事は殆どないし、対戦ゲームのメイン武器として定着している。Gears of Warではこのアサルトライフルにチェーンソーが付いてランサーと呼ばれてGears 1から登場する。

ストーリーモードでのランサーの活躍については文句ない。まぁ今振り返るともう少し精度が上がっても良かったと思うが…  その精度の低さが対戦モードでの存在感を薄めていたのか Gears 1のランサーの威力は今ひとつだった。撃っていると銃身があがってしまったり中々集弾がしづらい印象だ。一方、近接距離でのチェーンソーで敵を真っ二つに切る爽快感は何とも言えない爽快感で衝撃だった。

このランサーの存在感の薄さのお陰で、十分すぎる程に個性的で際立った他の武器がGears 1を他のゲームとは異なる独特の存在感を与えていたと思う。

スナイパーライフルはジャストヒットすると相手の頭部を首もとからボコーンと奪い、トルクボウはランボーになったような気にさせてくれ爽快感も最高だった。他にもドーンハンマーなど幾つか武器があったが特筆すべきはショットガンだろう。

マルチプレイでのショットガンの威力が凄まじかった。互いに近距離になってくるとショットガンに持ち替えて真剣勝負の攻防戦が待っていた。

近接距離での相手とのすれ違い様の1cmの隙間をずらしての攻防、壁を使って身体を反転させての攻防、相手との距離を縮めたり遠ざかったりしながら銃で相手をぶん殴って硬直させてからの攻撃など一瞬の一撃で相手を倒す喜びがそこにあった。

開発者達はそこら辺にあるような銃撃戦がまともにできるゲームの完成を目指していたと言う。偶然生まれたショットガンの攻防戦は、マルチプレイを遊んでいた(今でも遊んでいる)ファン達にしか魅力が分からなかったようで結果的には2以降、当初予定していたまともなアサルトライフルなどの中距離から遠距離での攻防戦を楽しむ為のゲームにと仕様変更されてしまいました。

Gears 2以降は独特の銃撃戦感の感覚が大幅に変わってしまった。あの独特な爽快感の喜びが激減した。ランサーの強化によってショットガン対決中の横やりがうまれた。またショットガンの音がまったく変わってしまった。相手をやっつけた時のグシャグシャに吹き飛ばした感じがなくなってしまったように思います。少し撃たれると移動速度が落ちたりと余計なリアルさが入ってしまった… リアルな戦争ゲームをやりたければ他のゲームにいけば良かったのに…

Gears of War 1で十分に完成していたものから引き算をすればより完成度が高まっただろうに足し算どころか掛け算をしてしまった感じが2以降はします。Gears 1はオンリーワンだったのに、2以降は誰にでもドアをあけてしまった感じといえば良いですかね…

そんな中距離から遠距離の銃撃戦を楽しめるゲームは他にたくさんあるわけでGears 1しか出せなかった味を消さなくても良かっただろうにと今でも残念な気持ちになります。

もうあのような仕様は今後の作品でも残念ながら戻ってこないでしょうが、Gears 1のサーバーが稼働している限り時々戻ってはショットガンダンスを楽しみたいと思います。

ところでGears of War Ultimate Editionが海外では発売されていますが現在のGearsの仕様に改変されてしまっています。オイラのように昔のGearsが好きだった方には残念なお知らせですね…マップとかが美しくなるのは嬉しいんだけどな…


 

Rainbow Six Siege カバーシステムその他

いやーゲームからしばらく遠ざかってましたが、
2月に入ってからは結構ゲーム三昧でした。
といっても、Macbook Airを使ってSteamで
Civilization Vを購入、毎夜やめ時が分からないぐらいという感じですがね…

Steam見てると値段の安さもしかりですけど、
家庭用ゲーム機で発売されずとも面白そうなゲームはたくさんありますね。
色々なゲームに手を出してるといくらあっても時間が足りない。

ここ数年ゲームをやめて思う事は本当ゲームが時間泥棒だって事でした。
あっ誤解しないでくださいね、ゲームが悪いという事ではなくて
ゲームを含めて考えて意識して人生過ごさないと勿体ないという事です。

ほどほどにバランス良くやるにはゲームだけじゃない事も
たくさん知っておいた方が良いと思います。
…と、お説教じみた事を書くつもりはないので本題へ。

Raibow Six Siegeに関する動画を見つけたので
内容を書いておきます。

シームレスに動作をフルコントロール

今回のSiegeの大きな特徴はゲーム中に
何をしていても射撃動作に入ることができるそうです。
ラペリング中であろうが、バリケードを張って張る途中だろうが、
敵が突然現れた時に対応ができるとの事です。
照準、射撃、リロード、グレネードを投げるなど。

フリーリーンシステム(カバー動作について)

今回のSiegeではカバーが挙動の一つになっている為、
壁に張り付いた状態でなくても通常状態で
カバーの体勢になる事が可能です。
これにより目の前に味方がいる場合に
その後ろに身を隠しながらカバー体勢で
射撃をするなどという事も可能になりました。

pointmanlean

このカバー挙動は左でも右でも体を傾斜させる事が可能で
エイム中やグレネードを持っていても対応されています。

controls

スティックを押し込むと左と右に応じた傾斜姿勢になるようです。

もう一点忘れてはいけない点が、今回は対象物全てが現実の対象物のように
破壊することができるようになっているという事です。
壁や天井やテーブルなどの障害物に隠れるという事が
安全とは言えなくなったということです。

床に穴↓

この挙動というのはCTU(カウンターテロリストユニット)が
実際に現場で取り入れている動作でプレイヤーにもそれを体感して欲しいそうです。

体の中心線に沿って傾斜姿勢をとるため、しゃがんだ状態だけでなく
うつ伏せに寝ながら構えている状態でもカバー体勢にはいれます。

threestooges

極めつけは上の画像でしょう、うつ伏せの味方の後ろで
ドアに隠れた味方が援護射撃をすると、その後ろから
もう一人が現れて援護射撃という具合です。

いや〜めっちゃ楽しみですねぇ。
色々と書いておきながら未だに次世代ゲーム機は
購入していないのですがねww

併せて読むのにお勧めな記事↓
リスポーン禁止に踏み切った『Rainbow Six: Siege』、Ubisoftがその意図を説明
– Choke Pointさんの記事に飛びます。

E3 2014ですね〜 Ubisoft 編

Ubisoftの発表はFar Cry 4から。

前作の敵ボスのVAAS(ヴァース)はかなりインパクトあって好きでしたけど今回の敵も中々いい味を出してますね。実際のゲームプレイ映像も前作からかなり美麗でしたけど今回は次世代機ともあってさらにパワーアップしてますね。

Far Cry 4は、ネパールやブータンなどの感じを参考にしたヒマラヤの奥地にある架空の場所「キラット」を舞台に、エイジェイ・ゲールという母親の葬儀を終えたばかりでその灰を片手に母が生前に願っていたヒマラヤにやってきた青年がトラブルに巻き込まれるという設定だそうです。

山間の地が舞台ということもあって、グラップルフックが活躍しそうですね。あと前回はハンググライダーでしたけど今回はウィングスーツになってますね♪

全米大陸をロード時間なしにシームレスにお気に入りの車で走れるThe Crew!
Test Drive Unlimitedで運転しながら寝落ちした人達は今回もですねw

僕は昔カリフォルニアに住んでいたんですけど、向こうでの生活で何が楽しかったって何と言ってもドライブです。お気に入りの音楽をかけたりラジオに耳を傾けながら美しい景観をただ何も考えずに走るという喜びはすごいものでした。当時走っていたルートが今も残っているのか含めてこのゲームはプレイしてみたいですね〜

第一世界大戦をテーマにした”Valiant Hearts”も気になりますね。第一次世界大戦の開戦から、今年は100年目という意味でも非常に大きな意味合いがあると思います。戦争はゲームの中だけで十分。二度と現実にならないようにこのゲームがそういうメッセージ性を含む内容であったほしいです。

待ってました〜!!!
最後はRainbow Sixシリーズ最新作!!!Rainbow Six Siegeが発表されました。テロハン(テロリストハント)がかなりパワーアップしていい感じになってそうですね。スプセルなどの影響も感じますけど何にせよこちらもプレイしてみたいものです。

いやー最近ゲームしてなかったけど、今年は結構やってみたい作品多いかも!

次の投稿はソニー編を予定してます。

E3 2014ですね〜 EA 編

マイクロソフトの発表に続いてはEAの発表。

冒頭から “Star Wars Battlefront”の映像。
バトルフィールドシリーズで定評あるDICEが渾身の魂をこめて取り組んでいる様子が伝わってきますね。バトルフィールドで乗り物で戦場を駆け巡りながら戦うのが楽しかった人は期待大ですね。脚本にはアンチャーテッドを手がけたAmy Hennigさんがチームに加わったという事でストーリーとしても大作感が出そうです。

そして “Battlefield Hardline” こちらもかなり期待できそう♪
ワイヤーのついたグラップリングフックをビルに打ち込んで、ジップラインでビルとビルの谷間を滑り落ちるのをやってみたいですね。

他にも色々と発表されてましたけど、個人的に興味があるのはこの2点。
FIFA15も興味あるけどゲームプレイ映像が来るまではあまり期待しないようにしてますw

E3 2014ですね〜 マイクロソフト編

最近めっきりゲームとは縁のない生活をしていますが
E3を久々にチェックしてます。

さて、最初はマイクロソフトの発表からはじまりましたね。

XB1(XBOX ONE)を発表するのにゲーム以外のことばっかり喋って最悪なスタートを迎えた去年とは打って変わって今年は最初から最後までゲームの話題とファンの声にいかに耳を傾けて一年を過ごしたかという言葉が随所に登場してましたけど、その通りが反映されたプレゼンになっていたと思います。

マイクロソフトのプレスコンファレンスで一番気になったタイトルは
こちら↓ Inside というタイトル。

前回の記事で紹介したSilent Ageっぽい感じの質感で気になってます。

次に気になったのはThe Witcher 3、安定して楽しめそうで
もしコンソールかったら確実にこのタイトルはおさえると思います。

あと、ライオットアクト。前作は失敗作でした。
ライオットアクト2といえないような
1作目から大きく進化できなかった前作と違い
今回は少しは進化してそうですね。

最後にトムクランシーシリーズ、The Divisionからのマルチプレイゲーム映像。
スピード感がゲームバランスをどう変えるのか気になりますが
これもコンソール買うとしたら手に入れるタイトルになりそうです。