Post Format

Nintendo Switch 株価が急落する意味が分からない

コードネーム: Nintendo NXが先日発表されましたね。

nslogo

ニンテンドースウィッチ、名前のセンスはともかく何ともロゴが素敵じゃないですか。
自分の大好きなゲームを家で遊び、どうしても出かけなくては行けなくなったら
そのゲームを自分の好きなところに持ち歩ける。

家でしか出来なかったゲームが何処でも持ち運べて何処でもプレイできる。
環境によるプレイの制限をなくす。素晴らしいじゃないですか。
ていうか、これSonyやMicrosoftにやって欲しかったのにやって貰えなかった事ですよ(笑)

子供から大人まで遊べる、遊ぶ場を選ばないでいつでも遊ばせてくれる。
そんな素晴らしいマシーンなのに、株価は急落。

投資家達の判断は携帯ゲームが主流で、かたやゲーマー達にはPSVRをはじめとするVRが次世代だから今時このコンセプトは受けないだろうからですって…馬鹿じゃなかろうか。

VRは次世代のまだ第一歩、いつでも何処でも遊ぶというのにはまだまだ長い道のり。開発費や期間を考えたら現実からかけ離れてる。実際PSVRを購入したコアゲーマーな仲間達からは凄いがボリュームが少なすぎてすぐ飽きそうだという意見も多数。

携帯で遊ぶゲーム、これって暇つぶしの為の手持ち無沙汰を埋める何かであってゲーム市場とは別物でしょうと言いたい。本当にゲームを遊びたい人は携帯でもゲームはやるけど家で遊ぶゲームの市場はまだ需要残ってますよ。

今回の任天堂が素晴らしいのはそういう生粋のゲーマー達がいつでもゲームができるようにしてしまったところでしょう。

ac

何が素敵だっていったら協賛ディベロッパーの数。これまでの任天堂は自社開発ゲームでもっていたようなものですが今回はこれだけのパートナー達が名を連ねているという事。子供やファミリー向けのゲームだけではなくコアゲーマー達も満足させるよっていう意気込みを感じます。

こちらの動画でも見られるベセズダのスカイリムがプレイできるって事はほぼどんなグラフィックが綺麗なゲームも対応しちゃうって事なわけだから楽しみですよ。

multiplayns

携帯画面を背中あわせにしたり、四人で麻雀卓のごとく囲んで対戦を楽しむなんて事もできそうだから色々なゲームプレイの可能性がひろがりますね。画面をならべて協力プレイなんかも素敵ですね^^

そうだなぁ、とくにやってみたいのはFIFAとかシヴィライゼーションみたいなシュミレーションとか。あとはゼルダは待ち遠しいですね。

そんな任天堂の株価は¥25185(2016年10月21日現在 PTS株価は¥25400)、これで下げたら強く買っても良いと思います。私は既に購入済み。ここから上がるのを楽しみにしてます。それだけ楽しみなハードで期待してます。

nintendostock

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ