The Inner Sea – 箱庭の内海をのんびり航海

Inner Sea – 内海(ないかい)とは陸地と陸地との間に挟まれ、狭い海峡によって外洋と繋がっている海域。断層・盆地の沈降などによって形成される。地中海や瀬戸内海なども内海である。内海の陸地と陸地の両岸の交流はとても盛んであった。

 
時代は17世紀、ミッションを請負って旅立った我が船は、船員の誰もがかつて見た事のないようなとてつもない嵐に遭遇した… 数日間の暴力的な風と絶え間ない雨と巨大な波にさらされ、船は激しく損壊。船員達も傷つき士気を失いきっていた。そんな絶望しかけていたときに嵐の目にたどり着いた。外は嵐に囲まれているのに、とても穏やかで航海しやすい海を発見したのだった。
 

 
Inner Seaの冒険はこの内海にたどり着いたところから始まります。
 

 
バイキングっぽい船にするか、中国っぽい船にするか、中東風にするか…
 

 
大まかな冒険の目的を決めます…
 

 
上の画像のような流れで、冒険の始まりにカスタマイズがあります。
この後に簡単な操作方法の説明があり、箱庭な内海に放り出されます。
 

 
特に明確な目的はなく、島と島の長にあって依頼を聞いたり、それぞれの島で交易品を売りさばいて金儲けしたり、儲けた金で船を強くしたり、強くなった船で海賊まがいにすれ違う船を沈めたり…何をするかはプレイヤーの自由になっています。なので揺らり浮かぶ船を眺めて楽しむだけなんてのもありなゲームです。トップの画像のように巨大な魚にはまだ出会っていないのですが、ミッションの中にはこういうバケモノ退治などもありそうですね。
 

 
この内海では3タイプの勢力があり、それぞれの勢力に傾いたお手伝いをしていると友好度や敵対度が変わっていき、狙われたりします。勢力の一つに紀元前のはずの清朝があって17世紀に!?というのはご愛嬌ですかね^^;
 

E3 2014ですね〜 Ubisoft 編

Ubisoftの発表はFar Cry 4から。

前作の敵ボスのVAAS(ヴァース)はかなりインパクトあって好きでしたけど今回の敵も中々いい味を出してますね。実際のゲームプレイ映像も前作からかなり美麗でしたけど今回は次世代機ともあってさらにパワーアップしてますね。

Far Cry 4は、ネパールやブータンなどの感じを参考にしたヒマラヤの奥地にある架空の場所「キラット」を舞台に、エイジェイ・ゲールという母親の葬儀を終えたばかりでその灰を片手に母が生前に願っていたヒマラヤにやってきた青年がトラブルに巻き込まれるという設定だそうです。

山間の地が舞台ということもあって、グラップルフックが活躍しそうですね。あと前回はハンググライダーでしたけど今回はウィングスーツになってますね♪

全米大陸をロード時間なしにシームレスにお気に入りの車で走れるThe Crew!
Test Drive Unlimitedで運転しながら寝落ちした人達は今回もですねw

僕は昔カリフォルニアに住んでいたんですけど、向こうでの生活で何が楽しかったって何と言ってもドライブです。お気に入りの音楽をかけたりラジオに耳を傾けながら美しい景観をただ何も考えずに走るという喜びはすごいものでした。当時走っていたルートが今も残っているのか含めてこのゲームはプレイしてみたいですね〜

第一世界大戦をテーマにした”Valiant Hearts”も気になりますね。第一次世界大戦の開戦から、今年は100年目という意味でも非常に大きな意味合いがあると思います。戦争はゲームの中だけで十分。二度と現実にならないようにこのゲームがそういうメッセージ性を含む内容であったほしいです。

待ってました〜!!!
最後はRainbow Sixシリーズ最新作!!!Rainbow Six Siegeが発表されました。テロハン(テロリストハント)がかなりパワーアップしていい感じになってそうですね。スプセルなどの影響も感じますけど何にせよこちらもプレイしてみたいものです。

いやー最近ゲームしてなかったけど、今年は結構やってみたい作品多いかも!

次の投稿はソニー編を予定してます。

E3 2014ですね〜 EA 編

マイクロソフトの発表に続いてはEAの発表。

冒頭から “Star Wars Battlefront”の映像。
バトルフィールドシリーズで定評あるDICEが渾身の魂をこめて取り組んでいる様子が伝わってきますね。バトルフィールドで乗り物で戦場を駆け巡りながら戦うのが楽しかった人は期待大ですね。脚本にはアンチャーテッドを手がけたAmy Hennigさんがチームに加わったという事でストーリーとしても大作感が出そうです。

そして “Battlefield Hardline” こちらもかなり期待できそう♪
ワイヤーのついたグラップリングフックをビルに打ち込んで、ジップラインでビルとビルの谷間を滑り落ちるのをやってみたいですね。

他にも色々と発表されてましたけど、個人的に興味があるのはこの2点。
FIFA15も興味あるけどゲームプレイ映像が来るまではあまり期待しないようにしてますw

E3 2014ですね〜 マイクロソフト編

最近めっきりゲームとは縁のない生活をしていますが
E3を久々にチェックしてます。

さて、最初はマイクロソフトの発表からはじまりましたね。

XB1(XBOX ONE)を発表するのにゲーム以外のことばっかり喋って最悪なスタートを迎えた去年とは打って変わって今年は最初から最後までゲームの話題とファンの声にいかに耳を傾けて一年を過ごしたかという言葉が随所に登場してましたけど、その通りが反映されたプレゼンになっていたと思います。

マイクロソフトのプレスコンファレンスで一番気になったタイトルは
こちら↓ Inside というタイトル。

前回の記事で紹介したSilent Ageっぽい感じの質感で気になってます。

次に気になったのはThe Witcher 3、安定して楽しめそうで
もしコンソールかったら確実にこのタイトルはおさえると思います。

あと、ライオットアクト。前作は失敗作でした。
ライオットアクト2といえないような
1作目から大きく進化できなかった前作と違い
今回は少しは進化してそうですね。

最後にトムクランシーシリーズ、The Divisionからのマルチプレイゲーム映像。
スピード感がゲームバランスをどう変えるのか気になりますが
これもコンソール買うとしたら手に入れるタイトルになりそうです。

BF4 戦場は常に変化する

バトルフィールドシリーズといったら戦場。
建物の崩壊や戦車をぶっ壊すなんて当たり前。
今回はさらにパワーアップしてて
戦場のオブジェを操作することもできるようになってるのが凄い。

車のアラームはナイフで迫り来る敵の存在を教えてくれますし、
建物の中で照明を壊して暗視カメラで敵を一網打尽も可能、
さらには自然環境もダイナミックに変化しちゃうという!!!
津波まで起こせちゃうんだから次元が違いますね。

別の動画でDICEプロデューサーがCoDシリーズと比べられた質問に対して
「僕らは常に戦場を意識してこのシリーズを作ってきた」とこたえてます。
他のFPSと違い、同じことの繰り返しをさせるのではなく
戦場で起こりうる様々な状況を提供することにBFはあるといいますが
まさに今回はさらに戦場の臨場感を体験できそうですね。

動画では触れてませんが、Titanfallの
専用サーバーの恩恵についての記事
で触れましたが
ONE版でBF4が専用サーバー使うとなると
自然環境のダイナミズムの部分が相当ヤバいことになるかも知れないですね。

とりあえずONEが手に入るまで間があるのでPS4版でもこれは買う予定です。