Outlast 闇を照らすカメラ

PS4にSONYがインディーズゲームであるOutlastを引っ張ってきた理由は
上の映像を見れば明かですね。
Outlastは、元Ubiの開発者を中心に作られた
新鋭のディベロッパー”Red Barrels“の作品です。

圧倒的な美麗な映像、まるで実際の現場に居合わせたような感覚になります。
それをさらに盛り上げる演出、音や光源の調整、そして何よりこのゲームの鍵は
“カメラ”、ゲームはカメラを通して語られます。

1967年、精神異常者を収容する病院「Mount Massive」で
3人の科学者が未詳の患者によって惨殺された。
この事件は関係当局によって全ての調査を停止する命令がでる事となる。
1972年、CIA長官のRichard Helmsにより洗脳プロジェクト資料である
MKULTRAを全て抹消するよう指令が出された、わずか一部の資料がかろうじて残された。
そして現在、主人公である貴方はフリーのジャーナリスト”Miles Upshur”となり、
現場である病院へ乗り込む。

このゲームの鍵は、あなたは襲いかかる敵に対して無力であるという事。
特殊能力も何もないので暗闇の中ではカメラについた暗視機能で
闇を徘徊するしかないという事、そしてカメラのバッテリーを気にしながら
調査をしなくてはならないという事。

これだけの美麗でリアルな映像と音響効果や光源効果の中を
上のような制限でただ生き残るだけでなく調査をするというミッション。
昔の洋ゲーはすぐ死ぬと言われていたけど、今回もそうなりそうですねw

ただ逃げ惑うだけなのか、覚悟を決めて情報収集する根性を見せるのか?

さて、下の映像はどれだけ怖いかという事をRed Barrelsのメンバー達が
ゲーマーさん達を招待して実験した映像です。
暗闇の中でゲームをプレイさせ、プレイヤー達の表情などを映した映像となっています。
結構長いし、ネタバレチックなのでネタバレ嫌な方はご注意くださいね。

Red Barrelのサイトにいくと、下のようなQ&Aが見つかります。

Q&A
Q. What is the core experience? 核となるゲーム体験はどんな感じですか?

A. You’re a normal human being who has to survive a terrifying journey. You can’t fight the horrors waiting for you in the Asylum, so you’ll have to act smart to avoid getting killed… or worse. あなたはごく普通の人間で物凄い怖い思いをする冒険を生き残らなくてはなりません。精神病院で待ち受ける脅威と戦うことはできない為、知恵を働かせ殺されない…またはそれ以上の酷い仕打ちにあわないようにしなくてはなりません。

Q. Is the trailer a pre-rendered cutscene?
トレーラー映像は美麗に修復加工されたものですか?

A. The trailer is a real-time sequence done in the Unreal Engine. It is highly scripted to better showcase what the final game will be. いえ、すべてリアルタイムにゲーム映像をおさめたものです。実際のゲームの完成された姿を分かっていただけるよう脚本編集した内容となっています。

その他、Choke Pointさんでインタビューの訳が見れます。
『Outlast』インタビュー – 暗闇が生む極限の緊張感

2013年発売予定だそうです。
5時間くらいのゲームプレイだそうで、
ちょっと物足りないと感じる方もいるかも知れないですね。

コメントを残す

コメントする♪

Notify of
wpDiscuz